カードローンの審査は意外に厳しい

 

当初私はカードローンと聞いたら即座に疎遠するような考え方をしていました。
いわば借金ということで、自分自身が得ている収入以上のお金の使用が考えられなかったからでした。

また、単純に今持っているお金以上の金額が手に入るということで、金銭感覚が欠如するのでは?という懸念もあったためそうした考えだたなと思います。

では今はどうなのか?
必要とあれば利用させていただく考えとなっています。

そもそもそれだけ大きなお金を動かしてでも欲しいものが以前はなかったから疎遠していたなと。
必要とあればきちんと計画を立てて借り入れることは全然ありだなと今は思っています。

ちなみにイメージがわきにくいですが、住宅ローンだってローンという名が付いている通り同じです。
であれば、ちゃんと返済計画を立てたうえで利用するのであれば全然問題なと思います。

とはいえ自分自身も勉強不足ということもあり、カードローンってなんだろうって思いましたが、実は身近なものとして既にできる状態は組みあがっていました。

銀行口座のキャッシュカード。
これ既にカードローンの一種だったみたいです。

それも調べるまでは全く別物だと思っていましたが、これもその一種らしいです。
そして案外身近に利用している人も私の近辺にはおりました。

そこで先ずは気軽に使うにはどうしたらと思って色々と調べてみました。
大きく借りるにしても事前の準備は必要だなということと、何か落とし穴があったら困りますので。

そうするとだいたいが金利が同じだけかかるということがわかりましたが、キャンペーンなどを調べて短期なら結構お得なものが見つかりました。

1か月金利0円やら、1週間0円などなど。

これは時期によって異なるのでその時やっているのを調べたうえで借りると良いと思います。

後は、先ほど返済計画の話を少ししましたが、いつまでに返済をするかで利用できるキャンペーンを探してみると良いかなと思います。

時間があれば最初は金利0円で短期的に借りることと返すことを試すと良いかなと思います。
どういう風にすればよいか理解できますので。

後は、いくらずつなら返済できるかもしっかり考えたうえで必要な額を借りると良いです。

注意点としては毎月不足があって毎回借りることで負債が重なってしまいそうな時。
毎回必要なお金が足りなくてどんどん借りていくと数カ月数年後には多大な負債となって残ってしまいます。

そうなりそうな時は早めに見極めて収入の高い仕事に就くなり、現状のお金周りを見直すなりしっかり考えて借りることをお勧めします。
借金で回らなくなると苦しいですから。

一時的に大きな額が手に入るということで、カードローンには今は持っていない力を借りることができるというメリットがあります。
ただその力は借りたもの、いずれは返さなくてはいけないものです。

また、それをいかに使うかはあなた次第です。
しっかり返済を考えたうえで必要な借り入れをするとよいのではないかなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket