カードローンの審査は過去の結果が重要

 

カードローンを利用する際ももちろん審査に通らなければ利用できません。初めてカードローンを利用する場合は最低限の収入があればよほどのことがない限り審査には落ちないとは言われていますが、過去に何らかのローンを組んだりキャッシングをしたことがあるひとは今までの取引を思い出してみて、遅延などがないかが重要になってきます。取引をしていて期限通りに返済していれば何の問題もないとされています。期限を守って利用していますから信用度はあがるのです。しかし一度でも返済が滞ったり、長期に渡って返済をしていないという方はもうすでにブラックリストに上がっている可能性があります。そのような場合はたとえ収入が十分にあったとしても信用問題の関係で審査に落ちる可能性があると言われていますから注意が必要です。カードローンとキャッシングの区別が最初つかなくてどちらを利用していいのか分からなかったのですが、そう大差はないようです。カードローンの場合は最初から分割返済を前提として借り入れすることを言うみたいです。キャッシングの場合は原則としては一括返済だったのですが現在はキャッシングリボなども普及してますから、実態はあまり変わらないみたいです。わたしは一度まとまったお金が必要になりキャッシングでは上限が低かったのでカードローンを利用したことがあります。カードローンの審査は簡単に通りました。それまでキャッシングをしたことはあったのですが、遅延損害や延滞などを起こしたことは一度もありませんでしたし、キャッシングの際も借りた額がそこまで多くなかったのでなにも問題なかったようです。100万円をカードローンで借り入れしたのですが、5年かけて完済することになりました。毎月の設定額を最初に相談して決めることが出来るので無理なく返済することができました。大口を借りる際はキャッシングよりもカードローンの方がよいかもしれません。キャッシングの場合は基本的に小口を借りる時に向いてる借り入れ方法だと言えるかもしれません。短期で一括で返済が基本ですが、ただし返済困難になったときは分割などにも出来ます。カードローンは借り入れする時点で毎月の返済額が決まりますので安心してお金を借りることが出来るという点ではメリットがあるとも言えますし、借金というよりもなんかしらのローンを返済しているという感覚になりますから、なんとなくですが気分も重くならずに済むように感じました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket