カードローンの仮審査はご存知ですか?

 

カードローンを利用する場合はネットなどで仮審査などをしておいた方がよいかもしれません。大手企業のカードローンは現在ではインターネットを通して仮審査をしてくれるシステムがありますから実際に借りる前にネットで審査をしておくことをオススメします。そのままWEB契約することもできますし、不安ならば直接店舗に来店して契約する方法もありますし、それ以外にも郵送書類で契約することも可能です。審査で必要な項目はクレジットカードやキャッシングするときに必要な情報と相違ありません。個人情報から職場の情報、そして過去の借り入れ経験の有無、お給料日などなどです。必要事項を記入して、どれくらいの額を借り入れたいかも記入する欄があるはずです。親切なサイトでしたら返済のシュミレーションも出来ますので例えば50万円をカードローンで借りて2年で返済する場合、毎月利子を含めていくら返済すればよいのかの計算も一瞬で行ってくれますからそういったシュミレーションシステムをわたしは利用しました。カードローンの利用は初めてだったので契約は直接店舗に行って契約することにしました。問題なく審査には通ったのですが、審査に通りやすい人はある程度収入があって、取引事故がないひとということです。収入が少ない場合でも実家に住んでいる方はいままでに取引履歴に事故がない場合は比較的通るとのことでした。もちろん収入によってカードローンの上限は決まってきます。だいたい上限は収入の3分の1程度ということを聞きました。300万円の収入ならば100万円程度が上限みたいです。わたしの場合は100万円の融資がどうしても必要になったので、その当時収入が350万円で初めてのカードローンということでぎりぎり100万円融資受けることができました。カードローンの審査では職場に連絡がいき、在籍しているかどうかの確認を取られることがあります。もしなにか偽りなどが合った場合は審査に落ちてしまいますから絶対に偽造はしないことです。当たり前のことですが。基本的には保証人なども必要ありませんから、比較的簡単に融資を受けることが出来ます。毎月の返済額は最初に無理ない額に決めることが重要になります。もし支払えなくて遅延したり、しばらく延滞したりしてしまうと金利が更に上がってしまうことがありますから、決められた額は毎月決まった日までに返済しなければなりません。もし出来ない場合は早目の段階で相談しておくことが大切になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket