気軽なカードローンは、使い方が大切

 

カードローンは上手に利用すればとても便利なものなのですが、一歩間違えるといつまでたっても返済が終わらないという事態を招いてしまう可能性があります。わたしもそのループに陥った人間のひとりです。最初は軽い気持ちでカードローンに手を出しました。クレジットカードは持っておらず給料日までまだ日があるのに生活費がなくなってしまったのです。それと欲しい雑貨がありついでにそれも買ってしまおうと思いカードローンを組むことにしました。周りではカードローンやキャッシングを頻繁に利用しているひとがいたので気軽に利用できるローンだと私の中では認識していました。無人の機械で手続き出来ると聞いたので近くにないのか探していたところ家の近所に無人ATM機がありそこでカードローンの審査申し込みをしてみました。ボックスになっていて書類をスキャンで送って何度かオペレーターとやり取りしてその場でカードが発行されました。カードローンの上限は50万円に設定しました。最初は10万円だけのつもりだったのですがカードローンを完済させる前にまたお金が無くなってしまい枠がまだあったので再度10万円引き出してしまいました。そしてそこからまたしばらくして生活費がなくなってしまい5万円、そしてまた3万円、と繰り返しているうちにあっという間に上限に達してしまいました。そうです、10万円だったものが50万円に膨れ上がってしまったのです。これは元金の話で利息を入れたら更に膨れています。こうも簡単に引き出せると、借りているという感覚よりも貯金から引き出している錯覚に陥ってしまうのです。もちろん自分のお金ではないのはわかっていたのですが、感覚が鈍ってきてしまい危機感がなくなってゆくのです。これはわたしだけではなく、ほかにもこの負のループに陥ってしまったひとはいるのではないでしょうか。賢く使用すればとても便利なものですが、私のように調子に乗って手軽にお金を借りてしまうひとにはカードローンは向いていないかもしれません。カードローンだけではなくキャッシングやクレジットカードもこういうルーズな人が持ってしまうと自分の身の丈以上の額を使用してしまうので十分な注意が必要です。わたしは一度こういった経験をしたので、これからカードローンを利用するときは十分に注意しようとは思っています。再度借り入れするときはお金は全額返済してからすれば問題ないとは思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket